研究内容

Slideshow Image 1
Slideshow Image 2
Slideshow Image 3
Slideshow Image 4

システム開発から "人間の本質" を探る

 人と相互作用するシステムを開発するためには,様々な観点から人間の本質を考える必要があります.システムが人との関わりの中からその特性を「学習」したり,自らのふるまいを「最適化」するためには,未知な対象に適応可能な枠組みを実装しなければなりません.これは,「システムのふるまいを事前に設計する」というだけではなく,「システムが自らのふるまいを選択・獲得可能な枠組みを組み込む」ことを意味しています.
 本研究室では,このような枠組みを実現する技術を「知能化技術」と呼び,人の特性を計測,分析,モデル化することで,コミュニケーションロボットなどのシステム開発を行っています.

代表的な研究事例は以下の通りです.

コミュニケーションロボットに関する研究

健康づくり・見守り支援システムに関する研究

リハビリテーション支援に関する研究

ページのトップへ戻る