研究内容

知能化技術とその応用

 システムが人や環境との関わりの中から,人のふるまいの特性を「学習」したり,自らのふるまいを「最適化」するためには,未知の環境に適応可能な枠組みを設計・実装する必要があります.これは,システムのふるまいを事前に設計するというだけではなく,システムが自らふるまいを選択・獲得可能な枠組みを組み込むことを意味しています.
 本研究室では,このような枠組みを実現する技術を「知能化技術」とよび,ロボット技術,計測技術,ネットワーク技術を応用した諸問題を解決するための方法を議論していきます.代表的な研究事例は以下の通りです.


コミュニケーションロボットに関する研究

健康づくり支援システムに関する研究

高齢者見守り支援に関する研究 ​

リハビリテーション支援に関する研究

ページのトップへ戻る